同心整骨院コラム

2015年1月16日 金曜日

大阪市北区にあります同心整骨院は腰部脊柱管狭窄症の治療も行っています

 大阪市北区にあります同心整骨院は腰部脊柱管狭窄症の治療も行っています。
腰痛治療の中でも非常に多い疾患の一つです。

 腰部脊柱管狭窄症の特徴は、長い距離を歩くことができません。しばらく歩くと脚にシビレや痛みが徐々に現れ、少し休むとまた歩けるようになります。
これを繰り返す状態を「間欠性跛行」といいます。腰痛はあまり強く出ない場合がありますが、安静にしていればほとんど症状はありません。

 脊柱管というのは神経、血管が通るトンネルのようなもので、そのトンネルが加齢や仕事の負担などで変性した背骨や椎間板により狭くなり神経が圧迫されます。
そのため身体を反らせるとシビレや痛みが強くなり、反対に前かがみにすると症状が軽減されます。

 日常生活では、神経の圧迫をなるべく少なくさせる為にも腰に負担をかける動作(体を反らせる等)を少なくすることと、コルセットや杖をつくようにするだけでも楽に歩くことができます。
また、自転車も腰に負担をかけず移動が出来、良い運動になります。
 
 筋力の強化も腰の安定に繋がるので、インナーマッスルトレーニングや股関節~下肢(足)にかけての柔軟性を高めてあげるのも症状の改善につながります。

 腰部脊柱管狭窄症と診断されてお困りの方がいらっしゃったら、お気軽に同心整骨院に一度ご相談下さい。

   腰部脊柱管狭窄症には牽引治療も効果的です

 

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14