同心整骨院コラム

2015年2月10日 火曜日

大阪市北区にあります同心整骨院はドイツ式フットケアも行っています

 大阪市北区にあります同心整骨院は、ドイツ式フットケアを用いて、足の裏にできたタコや魚の目の施術を行っています。
今、大阪市北区全域、地下鉄南森町駅、JR天満、桜ノ宮駅周辺にお住まい、お勤めの方が多数ご来院中です。
 
 ドイツ式フットケア、フスフレーゲとはドイツ語で"足のお手当て"という意味です。
足に関わるすべての治療を意味します。
当院では特にタコや魚の目の治療を得意とし、ドイツ製のマシンを使って施術を行っています。

 一般的にタコや魚の目の治療は、皮膚科や整形外科で治療も行っていますが、
私も整形外科に勤務していた頃、看護師さんがメスやニッパーでタコや魚の目を削っている光景をよく見かけました。
その際患者さんは、顔をゆがめて痛みに耐えていました。
 
 当院での治療はドイツ式のマシンを用いることで、患者さんには痛みをほとんど与えることはありません。
ほとんどの方は施術中眠っておられる方がほとんどです。

 立ち仕事の方や、ハイヒール、ファッション的な靴を履かれている方は特にタコや魚の目になることが多いです。
正常な歩き方、履きやすい靴を履くことも重要です。
また、将来的に膝や腰の痛みにもつながります。

 足の裏にタコや魚の目で痛みなどお困りの方がいらっしゃったら、一度同心整骨院にご相談下さい。
簡単な施術例をアップします。詳しくは当院HPもご参考下さい。

     施術前           施術後


投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14