同心整骨院コラム

2016年1月29日 金曜日

変形性股関節症とは

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、変形性股関節症の施術も行っています。

 変形性股関節の主な症状は関節の痛みと機能障害です。
股関節は鼠頚部(脚の付け根)にある関節で、初期は立ち上がる時や歩き始めの際にその部分に痛みや違和感を感じます。

 進行すると痛みが強くなり、常時痛みを感じるようになり夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされるようになります。
日常の動作では、靴下が履きにくくなったり和式のトイレ・正座などの股関節を深く曲げることが困難になります。また、長時間歩くことができなかったり家事をこなせないなど支障をきたします。

 多くは女性に発症し、臼蓋形成不全や発育障害の後遺症が原因のほとんどですが加齢で起こることもあります。
発症した場合立ち仕事をなるべくしないようにし、15分以上の歩行も大きな負担になるので休みながら歩くよう心がけましょう。

 代わりの関節はないので、一度変形を起こすと元には戻りません。初期の段階でどれだけ負担をかけないか、痛みに対してアプローチが出来たかでその後の状態に差が出てきます。
 痛みや違和感があると外出が億劫になったり動くことが嫌になり、筋力がすぐに落ちてしまいます。早期に治療を行い動かせる範囲で簡単な体操をしたり、水中(プール)歩行などの軽い運動を並行することで筋力の低下を防ぎます。

 股関節に痛みがありお困りの方は一度大阪市北区同心町にあります同心整骨院にご相談下さい。


投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14