同心整骨院コラム

2017年1月 5日 木曜日

足の裏の痛み、足底筋膜炎について

 大阪市北区にあります同心整骨院は、足の裏の痛み、足底筋膜炎の施術をおこなっている整骨院です。

 足底筋膜とは、かかとの内側底面から足の指の骨にそれぞれくっつく薄い筋肉の膜のことです。
スポーツ選手など、ランニングやジャンプの多い動作(マラソン、サッカー、バスケットなど)を繰り返すと、
筋肉のかかとに付着する部分に引っ張る力がかかり、かかとの前あたりに炎症が起こり痛みを感じるようになります。
その炎症症状のことを足底筋膜炎と言います。

 足底筋膜炎は、足首の関節やふくらはぎの柔軟性が悪いと足の裏の負担が増します。
土踏まずの形が悪くても症状を起こします。
どちらも体重の衝撃を吸収する作用があるため、足首の関節が硬くなったり、土踏まずの形が崩れてくると大きな負担がかかります。
スポーツをされない方にも起こるものです。

 症状は朝起きて一歩目が痛い、車から降りた時など、動作開始の一歩目に痛みが出るのが特徴です。

 治療は、足首、ふくらはぎの筋肉を温熱・電気療法、ストレッチ、マッサージで和らげ、柔軟性を高めます。
また足の裏の筋膜を柔らかくし、衝撃吸収しやすいようにアーチの形を改善していきます。
スポーツ選手などはインソール(中敷き)を入れて負担を軽くすることもあります。

 日頃の予防としては、足首のストレッチしたり、青竹踏みなどを使って足の裏の筋膜を柔らかく保つことです。

 足の裏の痛み、足底筋膜炎でお困りの方がいらっしゃったら、お気軽に大阪市北区同心町の同心整骨院にご相談ください。




投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14