同心整骨院コラム

2017年5月31日 水曜日

成長痛、オスグット・シュラッター病について

 大阪市北区にあります同心整骨院は、成長痛の1つ、オスグット・シュラッター病の施術も行っている整骨院です。

 オスグット・シュラッター病とは10~15歳の成長期の子供で、ランニングやジャンプ動作などが多い競技をしている場合に起こりやすい疾患です。

 脛骨粗面という膝のお皿の下にある骨が突出してきて、運動時や日常生活に痛みが出ます。
休むと症状は良くなりますが、運動を再開するとまた症状が出現します。
 
 太もも前側の筋肉が骨盤の前から膝のお皿を通り、膝下の骨(脛骨粗面)に付きます。
ランニングやジャンプが繰り返されることにより、太ももの筋肉が付着する骨の部分に引っ張られる力が加わり続けます。

 成長期の子供は骨の成長が盛んで骨自体が大人よりも柔らかい状態なので、
筋肉が付着する部分に引っ張られる力が加わり、骨に炎症が起き、痛みが発生するようになります。

 治療として、症状を和らげるために安静にしながら、太ももの前の筋肉をストレッチ、マッサージで柔軟性を高めていきます。

 また鍼灸治療も併用すると早い回復が望めます。
そして症状が軽くなれば筋力強化を行い強い身体を作っていき、再発予防のために、運動の際サポーターを巻いたり、
運動後に患部へのアイシングを行うなどして予防していくことが大切になってきます。

 成長痛の1つオスグット・シュラッター病でお困りの方は、一度、大阪市北区にあります同心整骨院にご相談下さい。



投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14