同心整骨院コラム

2018年2月24日 土曜日

膝の靭帯、前十字靭帯(ACL)損傷について

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、膝の施術を得意としてる整骨院です。
 現在、大阪市北区天満、南森町、天神橋、与力町、紅梅町、松ヶ枝町、天満橋、東天満といった所から多数患者さんが来院されています。

 膝の怪我の中に前十字靭帯損傷というものがあります。

 膝関節の靭帯は元々4本あり、中でも関節の中に位置する、前十字靭帯と後十字靭帯と言われる2本の十字靭帯が膝関節を安定させる重要な働きをしています。

 前十字靭帯は大腿骨(太ももの骨)の後方から脛骨(すねの骨)の前方に付いている靭帯で、すねの骨が前に飛び出すのを防いだり、膝をねじるなどの回旋動作のコントロールをしています。

 前十字靭帯損傷は、事故などで膝に物がぶつかった衝撃で靭帯を痛める接触型と、スポーツ時に急停止、方向転換、ジャンプの着地時などで痛める非接触型があります。

 損傷直後はかなり強い痛みを感じます。
時間の経過とともに痛みは軽減していきますが、歩行中に突然膝がガクッと抜ける感じの「膝崩れ現象」というのが特徴的でもあります。

 痛めた前十字靭帯は靭帯自体修復されにくいものなので、年齢や患者さん活動性、関節の状態よって治療法を決めていきます。
 場合によっては手術することもあります。

 手術せずそのまま治療する場合、損傷を放置すると膝崩れを反復するようになり、半月板を痛めたり関節症が変形していくこともあるので、お尻や太ももの筋肉をマッサージ、ストレッチ、筋力トレーニングを行い、膝崩れを予防することが大切です。

 膝の関節を痛めた場合は、大阪市北区同心町にあります同心整骨院に一度ご相談下さい。



投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14