同心整骨院コラム

2021年3月 2日 火曜日

足の裏が痛むのは、足底筋膜炎かもしれません

 足底筋膜とは、足の指於付け根から踵の骨まで、足の裏に張られている腱の膜のことをいいます。
役割は、足の甲の骨を支えたり、歩行・ランニングにおいて地面と足部の衝撃を和らげるクッションになります。



 足底筋膜炎とは、長時間の立位や歩行・ランニングなど足底に負担の加わる動作を過剰に繰り返すことにより、足底筋膜に炎症が生じます。
踵の内側前方から中央にかけて痛みが生じます。

 特徴的な傾向として、起床時の歩きだしに足の裏に痛みが生じるやしばらく歩いていると痛みがなくなるなどが上げられます。

 足底筋膜炎がなるメカニズムとしては、足裏にかかる荷重や足を着地させた時の衝撃や足を蹴り出す時の引っ張られる力によって起こります。
そのため、スポーツ、立ち仕事、加齢などによって足底筋膜にかかる負荷が大きくなり、炎症や小さな断裂が引き起こされ、踵や足の裏に痛みをもたらします。

 この足底筋膜炎が動いていると症状がおさまっていく特徴があり、放置してしまいがちですが痛みがひどくなると歩けないほどの症状になり、かかとの内側を刺すような激しい痛みが続くようになります。
症状がでたら早いうちにたいしょすることが大切です。

 足底筋膜炎の予防として効果的なのがストレッチとマッサージです。
足底筋膜炎は足の付け根から踵の部分に渡って膜のように張っている腱が固まってしまう事で発症してしまいます。

 簡単なストレッチ方法は、しゃがんだ状態から足先のみでバランスをとります。
この時に、足の指をしっかり反らすように意識すれば、自ずと足裏の腱が伸びていきます。



 他にも、足裏の筋肉が弱ってしまってる場合もありますので、タオルを敷き、その上に足を置き、足の指でつかむように手繰り寄せる運動もトレーニングとして有効です。



 大阪市北区にあります同心整骨院では、足底筋膜炎に対するマッサージも心得ておりますので痛みがあり歩きにくいといったお悩みがあるかたは是非一度ご相談下さい。

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14