同心整骨院コラム

2021年6月29日 火曜日

腰痛のレッドフラッグサインとは?

 今回は腰痛のRedFlag(放っておくと危険な腰痛)についてお話ししていきたいと思います。

 *自分もそうかもと思われた方はまずは病院へ直行するようにして下さい。
読むのが面倒な方は下の方にまとめて書いておきますのでそちらをご覧ください。

 腰痛はヘルニアのような特異的腰痛とレントゲンなどを撮っても原因がはっきりとしない非特異的腰痛があります。
その中で非特異的腰痛が85%を占め、ほとんどが原因不明の腰痛となります。
残りの15%の特異的腰痛にRedFlagが隠れています。

 自己管理してはいけない腰痛のポイントを5つ挙げていきます。
頭文字をとってFACETと呼びますので、覚えていたらどこかで役に立つかもしれません。

F=Fracture(骨折)
こけたなど1回の怪我の後、日常生活に支障が出ている。
これは骨折の可能性があります。
背骨を叩いた時の痛みやステロイド剤の服用などをされている方は特に注意が必要です。

A=Aorta(大動脈解離、腹部大動脈瘤)
横になっても痛む、楽な姿勢がない。
これは大動脈解離、腹部大動脈瘤などの重篤な疾患の可能性があります。
60歳以上、1ヶ月続く痛み、発熱がある方はまずは病院へ行ってください。

C=Compresshon(脊髄圧迫症候群)
強い痛みが殿部~膝より下まで放散する。
会陰部にしびれや灼熱感がある、尿が出にくい等の症状がある方は直ちに病院へ行ってください。

E=Epidural abscess(硬膜外膿瘍、骨髄炎)
腰周囲に炎症性の疾患をきたしている可能性があります。
朝より夜の方が痛く、どんな体勢でも眠れないのが6週間以上続く、糖尿病など免疫不全に陥る疾患の既往歴がある、最近背骨の手術をした等がある方は注意が必要です。

T=Tumor(脊椎腫瘍、骨転移)
18歳未満もしくは50歳以上、癌の既往、急な体重減少をした方は注意が必要です。
癌が背骨に転移をしている可能性があります。


*読むのは面倒な方はこちらから*

 急な腰痛で転んだ、楽な体勢がない、おしっこが出にくい、体重が減った、18歳未満、50歳以上の方で良くならない方は一度病院受診をお勧めします。

 以上の急性期に当てはまらない方は同心整骨院での施術が可能になります。
長年お困りの腰痛は是非一度大阪市北区にあります同心整骨院へお越しください。提携している整形外科のご紹介も出来ます。

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14