同心整骨院コラム

2021年7月 4日 日曜日

足裏にしこりが出来るのは足底線維腫症かもしれません

 足底線維腫症とは足の裏に良性の腫瘍ができる疾患です。
足を背屈(反らす)と土踏まずの部分に硬い出っ張り、しこりのようなものが見られることが特徴です。



 痛みはそれほど強くないので放置しているとだんだんと痛みが強くなっていきます。

 よく似た疾患で足底筋膜炎というものもありますが、起床後の一歩目、長時間デスクワークをした後の一歩目など、じっとした後の一歩目に痛みが強く出ることが多く、しこりも見られません。

 足底線維腫症の方の多くは第4指MP関節(指のつけ根の関節)の掌側に同じようなしこりが見られることがあります。

 足底線維腫症は足の裏のアーチが落ち込んでいる偏平足の方は負担が多くかかり腫瘤が大きくなる場合が多くあります。
足の構造を正すことで足底に負担がかからず、痛みの緩和に繋がります。

 痛みがひどい方は病院でステロイド注射などを数回行うと症状の改善が見られます。
しかし、落ち込んだアーチを改善させないと再び症状が現れます。

 大阪市北区にあります同心整骨院では落ち込んだアーチを改善させ、足底に負担のかからないような整体を行うことが可能です。
また、アーチが落ち込んだ方はタコや魚の目に悩まされる方が多いです。



 同心整骨院ではタコ、魚の目をきれいに取り除くドイツ式フットケアを導入していおります。
足底線維腫症やタコ、魚の目でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14