同心整骨院コラム

2021年7月 3日 土曜日

背中のこわばり、もしかしたら強直性脊椎炎?

 強直性脊椎炎とは、脊椎や骨盤の仙腸関節に炎症が引き起こされる病気です。
免疫作用が過剰に働いて自分の組織を攻撃してしまう自己免疫疾患のひとつです。20代~40代の男性に多く起こる病気です。



 症状は人によって様々ですが、多くは腰~殿部にかけて痛み、徐々に背中や首、四肢の関節へと広がっていきます。
進行すると身体を伸ばしたり、曲げたりすることが困難となり、背骨は徐々に曲がっていき、後弯姿勢(前かがみ)になっていきます。

 強直性脊椎炎の痛みは安静にしていても良くならず、動いていくことでましになります。
また、初期には痛みが強い時と全く痛くない時があるのも特徴的な症状です。

 強直性脊椎炎は発熱や倦怠感、さらにはぶどう膜炎という目の病気を併発する場合もあります。
ぶどう膜炎は目の痛みや充血、飛蚊症が増えてきたなどの自覚症状がありますが早期の治療でほとんどの方が良くなります。

 強直性脊椎炎の原因は今のところ不明ですが、白血球にある抗原(免疫を司る細胞)のHLA-B27を持っている方に多く発症します。
なので、家族の方で強直性脊椎炎の診断を受けた方は注意が必要と言えます。

 診断はレントゲンや血液検査などで行ないます。

 治療としてはNSAIDなどの薬での治療で炎症を抑えます。
そして脊柱の可動域維持、向上のために運動療法が治療の基本となっていきます。

 普通の腰痛の方と同じように背中を伸ばしたり縮めたりするキャット&ドックなどが効果的と言えます。
やり方はステップ1、肩の真下に両手、骨盤の真下に両ひざが来るように四つん這いになります。目線は斜め前方に


ステップ2、目線をおへそに向けながら、骨盤を持ち上げ背中をあげて丸みを持たせるように伸ばします。


ステップ3、目線を上げて、肩甲骨を寄せながら骨盤の位置を戻し、背中を反らせて腹部を伸ばします。


これを、自然な呼吸でステップ2と3を10回繰り返します。

 大阪市北区にあります同心整骨院では、強直性脊椎炎の疑いがある方はまずは病院にご紹介させていただいております。
不安な方は同心整骨院へお越し下さい。
皆様のご来院お待ちしております。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2021年7月 1日 木曜日

その股関節の痛みは特発性大腿骨頭壊死かもしれません

 今回は急な股関節痛を訴えている方は要注意な、特発性大腿骨頭壊死についてお話しします。

 股関節は骨盤(お皿)と太ももの骨(ボール)で構成されています。
特発性大腿骨頭壊死は太ももの骨のボールの部分である骨頭が原因不明で突然壊死する病気です。
日本では1年間に2000~3000人ほどの方が発症され、30代~50代の男性の方に多く見られます。



 原因ははっきりとはわかっていませんがアルコールとステロイド剤と関連が強くあります。
毎晩お酒を飲む方、前回のSLE(全身性エリテマトーデス)などの治療でステロイド系の薬を使っている方は注意が必要です。
gえん
 症状は壊死した初期には見られませんが骨頭が潰れた時から急速に股関節の痛みが出現します。
壊死から症状の出現まで数か月から数年かかることがほとんどです。
多くは立ち上がったり歩いたりと、股関節に負担がかかる時に股関節痛が出現しますが徐々に安静にしていても痛んできます。

 大腿骨頭は血流が悪い部分が多く、多少の血流がある部位は痛みが軽減される場合もありますが、血流が少ない部位は痛みが長期化します。

 診断は進行すればレントゲンで可能ですが、初期の段階ではMRIでの診断が可能です。
治療は保存療法では杖などを使用し、股関節にかかる負担を軽減させ炎症を抑える薬を併用します。

 急速な進行が予想される場合は直ちに手術をします。
壊死が大きい場合などは人工関節置換術が施されます。

 大阪市北区にあります同心整骨院では手術後などで動きの悪くなった股関節の可動域を向上させるようなリハビリテーションも行えます。
今現在も人工関節置換術をされた方が通院中です。

 30代~50代でアルコールをよく飲む、ステロイド剤の使用がある方は特発性大腿骨頭壊死を疑ってみるべきと良いかもしれません。
病院も紹介できますので、不安なこと、症状がありましたらまずは一度ご相談下さい。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2021年6月29日 火曜日

腰痛のレッドフラッグサインとは?

 今回は腰痛のRedFlag(放っておくと危険な腰痛)についてお話ししていきたいと思います。

 *自分もそうかもと思われた方はまずは病院へ直行するようにして下さい。
読むのが面倒な方は下の方にまとめて書いておきますのでそちらをご覧ください。

 腰痛はヘルニアのような特異的腰痛とレントゲンなどを撮っても原因がはっきりとしない非特異的腰痛があります。
その中で非特異的腰痛が85%を占め、ほとんどが原因不明の腰痛となります。
残りの15%の特異的腰痛にRedFlagが隠れています。

 自己管理してはいけない腰痛のポイントを5つ挙げていきます。
頭文字をとってFACETと呼びますので、覚えていたらどこかで役に立つかもしれません。

F=Fracture(骨折)
こけたなど1回の怪我の後、日常生活に支障が出ている。
これは骨折の可能性があります。
背骨を叩いた時の痛みやステロイド剤の服用などをされている方は特に注意が必要です。

A=Aorta(大動脈解離、腹部大動脈瘤)
横になっても痛む、楽な姿勢がない。
これは大動脈解離、腹部大動脈瘤などの重篤な疾患の可能性があります。
60歳以上、1ヶ月続く痛み、発熱がある方はまずは病院へ行ってください。

C=Compresshon(脊髄圧迫症候群)
強い痛みが殿部~膝より下まで放散する。
会陰部にしびれや灼熱感がある、尿が出にくい等の症状がある方は直ちに病院へ行ってください。

E=Epidural abscess(硬膜外膿瘍、骨髄炎)
腰周囲に炎症性の疾患をきたしている可能性があります。
朝より夜の方が痛く、どんな体勢でも眠れないのが6週間以上続く、糖尿病など免疫不全に陥る疾患の既往歴がある、最近背骨の手術をした等がある方は注意が必要です。

T=Tumor(脊椎腫瘍、骨転移)
18歳未満もしくは50歳以上、癌の既往、急な体重減少をした方は注意が必要です。
癌が背骨に転移をしている可能性があります。


*読むのは面倒な方はこちらから*

 急な腰痛で転んだ、楽な体勢がない、おしっこが出にくい、体重が減った、18歳未満、50歳以上の方で良くならない方は一度病院受診をお勧めします。

 以上の急性期に当てはまらない方は同心整骨院での施術が可能になります。
長年お困りの腰痛は是非一度大阪市北区にあります同心整骨院へお越しください。提携している整形外科のご紹介も出来ます。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2021年6月26日 土曜日

全身性エリテマトーデスとは

 SLE(全身性エリテマトーデス)とは、免疫細胞が誤って自分の身体を攻撃し、全身に様々な症状が出現する自己免疫疾患です。
圧倒的に女性に多く、20代~40代の方に多く見られます。
指定難病の1つであり、日本全国患者数6~10万人と推定されております。
男女比は1:9で女性に多く、妊娠可能な女性に起こりやすく、女性ホルモンが発症に関与すると言われています。



SLEの症状を順に挙げていきます。

 まずは関節症状。
 急性期によく見られ、90%近くの方が関節の痛みを訴えます。
関節リウマチのように多関節に炎症が起きますが、変形は起きません。

 次に皮膚、粘膜症状です。
エリテマトーデスとは赤い皮疹のことをいいます。
特徴的なのは頬に蝶が羽を広げたような蝶形紅斑という症状があります。
他にも、顔、耳、上肢などに皮疹がみられ、日光に当たると症状が増悪します。

 その他に心肺の症状、リンパ症状、神経症状がありますが中でも特徴的で症状が現れやすいのが腎症状です。
ループス腎炎といわれる病気を併発し、放置しておくと致命的となります。
また、ループス腎炎の診断からSLEを疑われることもあります。
腎症状が現れるとタンパク質の摂取制限なども行われます。

 診断は血液検査や関節の痛み、皮膚症状などの臨床症状で診断されます。
治療は免疫抑制剤や炎症を抑える薬などを併用することが一般的です。

 症状の増悪、寛解を繰り返しますが、早期発見も可能な現在では長期予後は良好です。
全く治療を必要としない人も中にはいるそうです。

若い女性で関節痛、顔の赤い皮疹などがある方は是非一度病院受診をしてみてください。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2021年6月11日 金曜日

朝のつらいこわばり、関節リウマチ

 関節リウマチ(RA)は主に関節を侵す慢性の全身性自己免疫疾患です。

 30~50代の女性に多く、手関節やMP関節(指の付け根の関節)に左右対称性に炎症が起こります。特徴的な症状は朝のこわばりです。
先日書いたヘバーデン結節でもこわばりは生じますが、関節リウマチの朝のこわばりは1時間以上持続します。



 関節リウマチが発症してから6年(特に1年目)で急速に症状が出現し、80%の方に永続的な関節の異常が見られることがあります。
変形は手関節やMP関節に多く起こりますが全身性に疾患のため肩や足など、どこにでも炎症が現れることも特徴の1つです。

 また関節リウマチは関節外の症状も見られます。
炎症が強いと発熱や食欲不振なども起こります。
その他にもリウマトイド結節と呼ばれる皮下のしこりも30%程度の患者にみられます。
症状が長期化すると間質性肺炎やシェーグレン症候群などの疾患も併発します。

 多発性(いろんなところ)に対称性(左右どちらも)関節の痛みがある方は一度病院で診断を受けましょう。
レントゲンや血液検査など様々な項目の基準を満たすとRAの診断が下ります。

 治療は薬物療法が基本で、炎症を抑える薬などを処方してもらいます。



 理学療法も治療の1つとして幅広く認められ、同心整骨院では腫れて可動域が狭くなった関節を愛護的に動かし、症状の改善を図ります。

 朝起きて指がこわばる、指の可動域が悪いなどでお悩みの方は是非一度大阪市北区にあります同心整骨院までお越し下さい。
提携している整形外科もご紹介できます。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14