同心整骨院コラム

2017年1月16日 月曜日

四十肩、五十肩の原因、肩峰下滑液包炎について

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、四十肩、五十肩の施術を得意とした整骨院です。
今回は四十肩、五十肩の原因の1つである肩峰下滑液包炎について説明します。

 滑液包とは、関節の周囲にあるもので、滑液という液体を含んでいます。
この滑液は関節の動きをなめらかにするための潤滑油みたいなものです。

 肩峰下滑液包とは肩の関節にある滑液包のことです。
この肩峰下滑液包は腕を上げる動作で挟みこまれるような負荷を受ける部分なので、くり返し起こる圧迫や摩擦による衝撃で炎症が起こすことがあります。
この炎症を肩峰下滑液包炎と言います。

 また、回旋筋腱板と呼ばれるような肩のインナーマッスルの損傷が原因で2次的に炎症が起こることもあります。
症状が強いと夜間の痛みで眠れないこともあります。

 炎症が慢性化し、症状が進行すると、肩の動きに制限の出る四十肩・五十肩と呼ばれるような状態に移行しやすいので、そうならないうちに早めの治療が必要です。

 治療は、患部をあたためたり、電気治療やマッサージなどが有効です。
また、肩甲骨の周囲、背中の筋肉や肩から腕にかけて伸びる筋肉が硬くなり、肩甲骨と上腕骨の動きのバランスがくずれて肩の関節の動く範囲が小さくなっていることもあります。
その場合、関節可動域訓練(ROM.ex)を行い関節の動きを良くしていきます。

 何が原因で患部に負担がかかり、滑液包に炎症が起こっているのかを見極め、全体的な医療をすることが早期回復の近道です。

 四十肩、五十肩、肩峰下滑液包炎でお困りの方がいらっしゃったら、お気軽に大阪市北区同心町にあります同心整骨院にご相談ください。



投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14