同心整骨院コラム

2017年2月25日 土曜日

変形性膝関節症の施術は大阪市北区の同心整骨院まで

 大阪市北区同心町にある同心整骨院は、変形性膝関節症の施術を得意とした整骨院です。 

 変形性膝関節症とは、加齢に伴っておこりやすくなる膝の変形性関節症のことです。
肥満傾向にある方、運動不足で筋力が低下している方に症状があらわれ、特に女性がなることが多いです。

 膝を動かす筋肉で大腿四頭筋という筋肉があります。
大腿四頭筋は太ももの前面からお皿までつながり、膝を伸ばしたりしてくれます。
この筋肉は内側が弱りやすく、外側が硬くなりやすいです。
そうなってしまうと骨と骨の摩擦が強くなり、軟骨がすり減って関節に炎症や変形がおこしてしまいます。
O脚など足の変形になります。
これを変形性膝関節症と言います。

 症状は膝にこわばりを感じ、立ち上がりの動作や歩き始め、階段を昇り降りする時などに痛みを感じます。
症状が悪化していくと、じっとしていても強い痛みがでるようになります。
場合によっては水が溜る(水腫)ことも起こります。

 治療として、電気・温熱治療やマッサージ、ストレッチで太もも前の筋肉の緊張をとり、柔軟性を高めて痛みを和らげていきます。
 それと同時に大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の筋力強化を指導します。

 変形性膝関節症がおこらないように、日ごろから筋力が低下しないよう適度な運動やストレッチをしていくことが予防へと繋がります。

 もし変形性膝関節症でお困りの方がいらっしゃったら、大阪市北区同心町にあります同心整骨院に一度ご相談ください。


投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2017年2月24日 金曜日

同心整骨院は骨盤矯正施術プログラムをご用意しています

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、骨盤矯正の施術を行っている整骨院です。

 骨盤にゆがみが生じると、腰に鈍痛、だるいといった慢性的な腰痛の原因にもなります。
 
 骨盤がゆがむ原因は、生活習慣によるものがほとんどです。
座っているときに足をくむ癖があったり、立っているときに片方の足に体重を乗せていることが多いなど、
偏った姿勢からくるものがほとんどです。

 骨盤がゆがむと、腰痛のほかにも、股関節や膝の痛み、下半身のむくみや生理痛がひどくなるなど、様々な症状の原因になります。

 当院では、週2回の施術を4週間行う骨盤調整のプログラムを用意しており、経過を診ながら徐々に改善を図っていきます。

 骨盤矯正をご希望の方は、気軽に大阪市北区同心町にあります同心整骨院にご相談ください。



                                                                      

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2017年2月20日 月曜日

変形性股関節症の施術が得意な同心整骨院

 大阪市北区にあります同心整骨院は、変形性股関節症の施術を得意とした整骨院です。

 股関節とは脚の付け根(鼠径部)にある関節のことです。
 変形性股関節症とは、股関節の長年の使いすぎや繰り返しの負担などによって、関節の軟骨がすり減ったり骨の変形が生じたりする疾患のことを指します。

 主に女性がなることが多く、生まれつき股関節の形成不全(臼蓋形成不全)や子供の時になってしまう発育障害の後遺症が原因となることが多いですが、加齢によって起こることもあります。

 最初は立ち上がりや歩きはじめの際に股関節に痛みや違和感を感じます。
進行していくと、痛みが強くなって歩きづらくなり、夜も眠れないといった症状があらわれます。

 日常の動作では、靴下が履きにくくなったり、正座や和式のトイレの使用など股関節を深く曲げることが難しくなり、
長時間の歩行や家事をこなせないなどの支障をきたすことがあります。

 治療としては、電気・温熱治療、マッサージやストレッチで股関節まわりの筋肉の緊張をとり、関節にかかる負担を軽くして痛みを和らげていきます。
 それと、股関節周りの筋肉(お尻まわりから太もも)の筋力強化の指導です。

 関節部分は、一度変形をおこすと元には戻りません。
初期のうちにどれだけ負担をかけずに過ごすかが重要になってきます。

 早いうちに治療をし、動かせる範囲でストレッチやかんたんな体操をし、筋力が低下しないようにすることが必要です。

 変形性股関節症でお困りの方は、大阪市北区同心町にあります同心整骨院に一度ご相談ください。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2017年2月 1日 水曜日

四十肩、五十肩の原因にもなる上腕二頭筋長頭腱炎

 大阪市北区にあります同心整骨院は、四十肩、五十肩の原因にもなる上腕二頭筋長頭腱炎の施術も得意とした整骨院です。
 日常生活においてよく起こりやすい疾患のため、現在多くの方がご来院中です。

 上腕二頭筋とは二の腕にある力こぶを作る筋肉で、長頭(長い方)と短頭(短い方)に分かれており、それぞれ肩甲骨から始まり、肘の下の骨までつながっています。

 その上腕二頭筋の長頭(長い方の筋肉)は、肩の前側辺りの結節間溝という骨の出っ張りと出っ張りの間の溝を通るため、
時々腱がその溝で摩擦を起こし、肩の前あたりに痛みが出ます。
 この痛みがでると肩の関節を動かすだけで痛くなります。
 これを上腕二頭筋長頭腱炎といいます。

 野球やバレーボール、水泳など頭の上での動作を繰り返し行うスポーツをされる方によく起こる疾患ですが、
その他、重い物を持ったり、力仕事が多い方にも起こります。

 また中高年の方で筋力低下が原因で、何もしていなくても炎症が起きることがあります。
ひどくなってくると、夜間にうずいたり、痛みで肩が上がらなくなる可能性もあり、早期の治療が必要です。
 症状が長引くと四十肩、五十肩と言われるものになっていきます。

 治療は、炎症を抑えるために痛みの出る動作を極力避けるようにし、安静に努めるようにします。
そして、上腕二頭筋の柔軟性を向上させるために、上腕二頭筋、肩関節周辺のマッサージやストレッチをします。
さらに直接上腕二頭筋長頭腱に鍼灸治療を施すことも早い回復が望めます。

 また再発予防のために、肩関節周辺の筋力を強くすることやストレッチをすることが大切になってきます。

 肩関節の痛みでお困りの方は、上腕二頭筋長頭腱炎かもしれません。
大阪市北区同心町にあります同心整骨院に一度ご相談ください。



投稿者 同心整骨院 | 記事URL

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14