同心整骨院コラム

2015年5月22日 金曜日

同心整骨院はスポーツ障害シンスプリントの治療も行います

 大阪市北区にあります同心整骨院は、スポーツ障害の治療も得意とした整骨院です。
今回はスポーツ障害の一つ、シンスプリントについて説明します。

 シンスプリントとは、脛骨(すねの骨)内側に起こる過労性の骨膜炎のことを言います。
使い過ぎによる症状であり、走ったりジャンプする競技に多い障害です。

 運動を始めて期間が浅い時期や過度の運動量、硬い路面ばかり走ったり、悪いフォームだったりなどが原因でふくらはぎの筋肉の柔軟性低下、股・膝・足関節の可動域が少なくなるため脛骨へかかる負担が大きくなります。
そのことにより、脛骨内側の筋肉(後脛骨筋、長趾屈筋)の付着部が骨の表面を覆う骨膜を引っ張り、微細な損傷(骨膜炎)を起こし痛みを感じるようになります。

 脛骨内側の内くるぶしから12~20cm上に運動時痛、腫れ、押さえた時に痛むなどの症状を訴えます。初めのうちは運動開始時のみに痛みますが、進行すると運動中や歩行時にも痛みを感じるようになります。
さらに我慢していると疲労骨折になることもありますので、早期に治療が必要になります。

 安静を第一に考えフォームや運動量を見直し、負担を軽減させるようにメニューを組みます。
股・膝・足関節の可動域を良くし、ふくらはぎの筋肉のストレッチやマッサージを行い痛みの出ない体づくりを目指します。
悪いフォームや運動量が過度になると再発する場合があるので、正確なフォームを身につけ出来ることから徐々に運動量を増やすようにします。

 復帰後は経過をみる為にも、定期的に治療を行うことがケガの予防になるでしょう。

スポーツをしていて、ふくらはぎに痛みがあるような方がいらっしゃったら、一度大阪市北区にあります同心整骨院にご相談下さい。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2015年5月19日 火曜日

冷え性、血行不良の鍼灸治療

 大阪市北区にあります同心整骨院は、血行不良による冷え性の方への鍼灸治療を行っています。

 「足が冷えて眠れない」というのは冷え症の方に共通する悩みですが、これは足の血行が悪いためです。
なぜなら私たちの体の熱は、血液によって全身に運ばれているのです。鍼治療を行うと、お風呂に入って体がポカポカするのと同じような感じがするのですが、これは全身の血行が良くなるためです。

 例えば、ての親指と人差し指の間にある「合谷」というツボに鍼を刺すと、鍼の周辺だけではなく手指全体、腕、肩、首、顔と全身が暖かくなっていきます。
そして不思議なことに、鍼を刺していない側もほとんど同時に暖かくなっていきます。

 血行が良くなれば、冷たくなった足の先まで血流がスムーズに運ばれ、つらい足の冷えが解消されるというわけです。
靴下を重ねて履いて冷えない対策と湯船につかり体を温め全身の血行を良くし、併せて鍼治療をされてみてはいかがでしょうか。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2015年5月11日 月曜日

スポーツ障害、ランナー膝とは

 近年マラソン人口が増えており、よくジョギングをしている人を見かけますが
それに伴って膝の痛みを訴える方も増えているように感じます。
その中でものは代表的なのは「ランナー膝」というもので、ランニングによる膝周辺のスポーツ障害です。
特にマラソンなどの長距離ランナーに多いため、ランナー膝と呼ばれています。

 ランナー膝とは、太ももの外側の腸脛靭帯と呼ばれるものが走る時の膝の屈伸運動を繰り返すことにより太ももの骨と摩擦が起き、炎症を起こし痛みが膝の外側に現れます。
 使い過ぎがほとんどで、太もも外側の筋肉の柔軟性が低下したり、硬い道路ばかり走っているなどが原因になります。

 初期段階では、運動後に痛みが出て休めば取れるぐらいですが、進行すると歩いたり膝の曲げ伸ばしでも痛むようになります。
まずは、痛みを取ることが第一なので運動を中止し安静にします。そして柔軟性を失っている腸脛靭帯につながる大腿筋膜腸筋のストレッチとマッサージをすることで膝で起こっている摩擦が軽減されます。

早期にランニングなどに復帰するには初期治療が大事ですし、これからもマラソンを続ける為にも痛みを放っておかず一度ご相談下さい。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2015年5月10日 日曜日

胃痛の鍼灸治療

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、胃痛の鍼灸治療も行っています。

 胃痛は暴飲暴食やストレスが原因で、胃痛や下痢、ひどい場合は「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」になることがあります。

 胃には食物中のたんぱく質を消化する働きがあります。胃自体もたんぱく質で出来ていますが、表面を防御機能によってしっかりと守られているため、消化されることはありません。
ところがアルコールやカフェイン等の攻撃因子やストレスにより防御機能が弱くなると、胃は自らの作用で自分自身を消化してしまいます。これが潰瘍です。

 鍼灸治療には胃痛の原因となるストレスを緩和するだけではなく、胃腸の状態を整える働きがあります。
例えば、「足の三里」というツボには胃液の分泌促進、「腸陵泉」には胃液の分泌抑制の作用があることがわかっています。
現代人はストレスをため込む傾向にあり、大きな症状がなくても胃が弱りやすくなっています。

 仕事の付き合いでお酒を飲む機会が多い方もいらっしゃると思います。心身ともに健全に保ち、健康な胃を作るためにも鍼灸治療は最適な方法です。

 胃痛でお悩みの方は一度同心整骨院にご相談下さい。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2015年5月 1日 金曜日

肩関節周辺の痛み(上腕二頭筋長頭腱炎)

 大阪市北区にあります同心整骨院はスポーツ選手などスポーツによる様々な痛みの治療を行っている整骨院です。
その中で肩関節周辺の痛みをお持ちの方も多くご来院されています。
今回はその代表的なものをご紹介します。

 上腕二頭筋長頭腱炎とは、力こぶである上腕二頭筋に起こる病態で、使い過ぎや筋肉の硬化により炎症が出て動作痛や夜間痛を生じます。

 上腕二頭筋は長頭と短頭の二手に分かれています。長頭は、外側に位置し肩関節から伸び上腕骨の結節間溝という溝を通り前腕に付着します。短頭は、烏口突起という肩関節の前面から伸び前腕の同じ部分に付着します。
この筋肉の作用は、肘を曲げたり物を持ち上げる動作時に活動します。

 主な原因は、野球やバレーボール、水泳などのオーバーヘッド(頭の上での)動作の繰り返しを行うスポーツに多く、
長頭腱と結節間溝との間で摩擦が起こり炎症として現れます。
他にもお仕事でデスクワークの方、手や腕をよく使う方にも起き、中高年の方では、とくに運動をしていなくても肩関節周囲炎の1つとして発症します。
進行すると断裂の可能性もありますし、痛くて動かさなくなると四十肩・五十肩に移行することもあります。

 炎症を抑える為にスポーツや痛む動作を減らして安静を計り、上腕二頭筋の柔軟性を良くするため患部以外のマッサージやストレッチをします。症状が軽くなれば可動域訓練と筋力強化を行い、徐々にスポーツや仕事に復帰をして定期的に再発予防として通院することで経過を追います。

 このような症状でお悩みの方がいれば、お気軽にご相談下さい。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14