同心整骨院コラム

2016年12月26日 月曜日

四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)の施術について

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)の施術を行っている整骨院です。

 肩関節周囲炎とは、肩の関節をつくる骨や筋肉・腱の老化や、腕を使いすぎた時などをきっかけにして肩の関節の周囲に炎症がおこり、痛みが出てしまうことを言います。。

 特に40代・50代の中年以降の方に多いので、四十肩・五十肩ともいわれています。

 症状は、肩関節の炎症によって痛みで手が上げられない、背中に手が届かないなど、運動の制限が現れます。
ひどくなってくると安静にしていても強い痛みを感じます。

 治療法として、マッサージやストレッチで肩の関節や肩甲骨の周りの筋肉の緊張をやわらげ、関節の動きを良くしていきます。
また、温熱・電気治療でさらに効果を高めます。

 痛みがあるからといってあまり動かさないでいると、余計に肩の関節が動かしにくくなってしまうので、できるだけ肩を回したりストレッチをすることが大切です。

 四十肩、五十肩と言われる肩関節周囲炎は、1度なってしまうと回復に時間がかかるものですが、根気よく治療を続けることが早期回復の近道です。

 肩関節周囲炎でお困りの方は、一度同心整骨院にご相談ください。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2016年12月13日 火曜日

大阪市北区にあります同心整骨院、鍼灸治療について

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院では、鍼灸治療を行っている整骨院です。
 
 鍼灸治療は、鍼やもぐさを使って体の内部に刺激を与え、痛みをおさえたり、人間が本来持っている自然治癒力を高めていく治療法です。
肩こりや腰痛、膝の痛みなど、筋肉や関節の症状に非常に有効であり、即効性があります。

 また、頭痛や胃腸の不調など、目に見えない部分の症状にも効果的です。
薬や注射と違い、副作用もありません。
 
 鍼治療に対して、痛い、怖いというイメージをお持ちの方もおられると思いますが、とても細い鍼(髪の毛より少し太い程度)を使用しておりますので、注射のような痛みはほぼありません。

 当院で使用している鍼はすべて1回限りの使い捨てのものです。衛生的にも安全です。

 初めて鍼治療を受けられる方は、その効果や注意事項、手技の方法、刺す鍼の本数に至るまで丁寧に説明させていただいた上で治療させていただきます。

 痛みの強い方や、慢性化してしまった頑固な症状をお持ちの方、一度当院で鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

 不安や、興味はあるけどなかなか、という方は、お話しだけでもかまいませんので、1度ご相談ください。

鍼灸治療                           1回1000円  6回5000円(回数券)       12回10000円(回数券)  
       
70歳以上の方                        1回500円  12回5000円(回数券)
                                                      

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2016年12月 9日 金曜日

胸郭出口症候群(過外転症候群)について

 手、腕や背中にしびれや痛み、または力が抜けるような感じや、冷たく感じるような症状はありませんか?
それは、もしかしたら肩こりを超えている状態で、
胸郭出口症候群というものの症状かもしれません。

 大阪市北区にあります同心整骨院は、胸郭出口症候群の施術を得意とした整骨院です。

 胸郭とは、肋骨と胸の前後にある骨(胸骨・胸椎)で囲まれている空間のことを言います。
 
 胸郭出口症候群にはいくつか種類に分けられています。
 それは過外転症候群・斜角筋症候群・肋鎖症候群というものがあり、この中で一番多いのは過外転症候群です。

 過外転症候群は、鎖骨の下にある肩~胸にかけてのびている小胸筋という筋肉が硬くなってしまい、
特につり革を持つような腕を上げる動作をすると、胸の前にある小胸筋の緊張によって神経や血管が圧迫されて、腕や背中にうずくような痛みやしびれが起こる症状です。
 
 原因として、猫背のような同じ姿勢を続けていたり、よく重い物を持つ仕事をしていたり、なで肩になっている人に多く起こります。

 治療法としては、猫背などの不良姿勢を改善することです。
電気・温熱治療、マッサージやストレッチを行い、硬くなっている首・肩周りの筋肉をやわらかくし、姿勢改善を図ります。

 日ごろから作業の合間などに首や肩を回したり、筋肉が硬くならないように肩の関節を動かすことを意識し不良姿勢の改善をはかりましょう。

 もし手、腕や背中のしびれや痛み、力が抜ける感じなどある場合は、一度大阪市北区にあります同心整骨院にご相談ください。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2016年12月 6日 火曜日

腰椎椎間板ヘルニアの施術は同心整骨院まで

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、腰椎椎間板ヘルニアの専門施術を行っている整骨院です。

 腰骨の構造とその周りの組織は、5つの腰椎と言われる骨と1つの仙骨、それぞれの骨の間にある椎間板というものからできています。
重い物を持ち上げたり、中腰の姿勢が続くと椎間板に負担がかかり、その一部が後側又は外側に飛び出すことがあります。
これにより、骨と骨のすき間から出ている神経を圧迫し、足にしびれや痛みが出て、力が入りにくくなってきます。
この症状を腰椎椎間板ヘルニアと言います。
そもそもヘルニアとは本来あるべきところから飛び出してしまうことです。

 もしこのような症状が現れてきた際には、腰に負荷をかけないように努めることが大切です。
腰や股関節の筋肉が硬くなってくると、椎間板への負担が増え、さらに症状がきつくなってしまいます。

 治療としては、腰を温めたり、ストレッチ、マッサージをして腰や股関節の筋肉の柔軟性を高め、椎間板への負担を減らし、症状を軽減させていきます。
しびれがある場合は鍼灸治療も効果的です。

 また当院では牽引治療器(腰椎牽引器)を設備しています。
これは整形外科などに置いてある骨と骨のすき間を広げて、しびれや痛みを軽減させることができる治療器です。
 マッサージやストレッチなどの手技と併用していけば改善の近道になります。

 椎間板ヘルニアでお困りの方がいらっしゃったら、一度大阪市北区にあります同心整骨院にご相談ください。




投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2016年12月 1日 木曜日

膝蓋大腿関節症(膝蓋大腿関節障害)は同心整骨院へ

 大阪市北区にあります同心整骨院は、膝蓋大腿関節症(膝蓋大腿関節障害)の施術を行っている整骨院です。

 膝の痛みの症状の中に、膝蓋大腿関節症(膝蓋大腿関節障害)というものがあります。
膝蓋大腿関節症とは、膝のお皿の周辺に痛みがでて曲げ伸ばしがしにくくなったり、こわばって膝が動かしにくくなったりすることです。

 その原因は、太ももの前面にある筋肉が硬くなってしまい、お皿が本来あるべき場所から上外側へズレてしまうことです。
スポーツや立ち仕事など太ももの外側の筋肉をよく使うことで起こります。
また、加齢などによる太ももの内側の筋力が低下しても起こります。
お皿の裏の軟骨と太ももの骨の軟骨が摩擦を起こし炎症をおこしてしまうのです。

 治療法としては、電気・温熱治療、マッサージやストレッチを行います。
太ももの外側の筋肉を徹底的に柔らかくします。
お皿の裏でおこっている摩擦を軽減させていくことが肝心です。
また太ももの内側の筋肉(内側広筋)の筋力強化を指導します。

 太ももの前にある筋肉は、体を支える重要な働きをしています。
膝蓋大腿関節症などの膝の痛みをおこさないためにも、日ごろからしっかり太もものストレッチをしたり筋肉を強くしたりしなければなりません。

 激しくスポーツした後や立ち仕事などをして使いすぎた後は、太ももの筋肉が硬くならないように心がけてください。

膝の痛みや膝蓋関節症(膝蓋大腿関節障害)でお困りの方は、一度大阪市北区にあります同心整骨院にご相談ください。





投稿者 同心整骨院 | 記事URL

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14