同心整骨院コラム

2018年1月30日 火曜日

大阪市北区天満、南森町、桜ノ宮での腰椎分離・すべり症の施術

 大阪市北区天満、南森町、大阪市都島区桜の宮近くにあります同心整骨院は、腰痛治療を得意とした整骨院です。

 繰り返す腰痛、慢性的な腰痛を起こす疾患に、腰椎分離症、すべり症といわれるものがあります。
腰椎(腰の骨)の前方部分を椎体、後方部分を椎弓と呼びます。
この骨の連続性が断たれ、椎体と椎弓が離れてしまった状態を腰椎分離症といいます。

 分離症のなかで、後方の支持性が無いため椎体が前方にずれてくるものを分離すべり症といいます。
また、骨の連続性はあるが、老化などにより椎体が前方にずれてくるものを変性すべり症といいます。

 分離症の原因は、先天的なものもありますが、ほとんどが後天的なものです。
その多くは、子供のころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったことで疲労骨折をおこしたものと考えられています。
成人の場合、同じ姿勢を続けたり、長時間の立ち仕事や重労働が原因で発症することもあります。

 最も多い症状は、腰痛です。鈍く重い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなる特徴があります。
初期は強い痛みが無く、治療を受けずにほったらかしにされる方も多いのですが、分離症が進行すると腰に強い痛みが出現し、さらにすべり症に移行していくと、腰痛だけでなく神経症状として足に痛みやしびれが出ることもあります。

 そうなる前に早めの治療を施し、それ以上の症状の悪化を防ぐことが肝心です。
慢性的な腰の鈍痛でも軽視せず、一度受診されることをおすすめします。

 腰椎分離症、すべり症でお困りの方は、一度同心整骨院にご相談下さい。





                                                                       

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2018年1月27日 土曜日

天満、南森町、桜ノ宮で小児鍼ができる治療院

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、交通事故治療、肩こり、腰痛、膝痛などの施術の他に、小児鍼の治療もおこなっている医院です。
現在も、天満、南森町、桜ノ宮周辺から患者さんがお越しいただいています。

 小児鍼は古来より、夜泣き、かんのむし(ヒステリック)、おねしょ(夜尿症)などの症状改善に効果があると言われています。
小児鍼の施術は生後1か月くらいのお子様から受けていただけます。

 また当院では、小さなお子さまのため、ベビーカーで直接施術ベットまで入って治療できるように施設を整備しています。
ご安心して治療を受けていただけます。

 小児鍼についての施術時間、治療料金など、当院HPにも掲載中です。HP鍼灸治療欄もご参考にしてください。

 天満、南森町、桜ノ宮で小児鍼のできる鍼灸院をお探しの方は、大阪市北区同心町にあります同心整骨院にご来院ください。




投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2018年1月26日 金曜日

南森町、天満、桜ノ宮で美容鍼、美顔鍼の施術ができる鍼灸医院

 南森町、天満、桜ノ宮で美容鍼、美顔鍼のできる鍼灸院をお探しの方は、大阪市北区同心町のにあります同心整骨院にご相談ください。

 同心整骨院は肩こりや腰痛、膝痛と言った治療の他に、美容鍼、美顔鍼と言われる施術も行っている整骨院です。
現在も、南森町、天満、桜ノ宮といた所にお住いの方、お勤めの方が多数ご来院されています。

 施術スタッフも常時3名以上在籍しているので、待ち時間なく、予約なしでも治療を受けていただくことができます。
また回数券も販売していますので、定期的に治療を受けていただきやすくもなっています。

 美容鍼、美顔鍼の効果、効能は当院HP鍼灸のページにもご紹介しています。ご参照ください。






投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2018年1月23日 火曜日

腕、肩周辺の疾患、上腕二頭筋長頭腱炎について

  大阪市北区同心町にあります同心整骨院は腕、肩の痛みの施術も専門でおこなっている整骨院です。

 肩の前面に痛みがあり、腕を動かしづらいという訴えで来院される方が多くいます。
それは、上腕二頭筋長頭腱炎という病態かもしれません。

 上腕二頭筋長頭腱炎とは、力こぶをつくる筋肉である上腕二頭筋が、腕の使いすぎなどで炎症を起こした状態です。
 
 上腕二頭筋は、長頭と短頭と言う2つの筋肉に分かれていて、長頭は肩の前面外側に位置しています。
その筋肉が肩の関節の中から伸びて、腕の骨にある結節間溝という溝を通っています。
 
 この結節間溝と上腕二頭筋の長頭の筋肉との間で摩擦が起き炎症を起こしたのを上腕二頭筋長頭腱炎と言います。
野球や水泳など、腕を上げる動作の繰り返しを行うスポーツをされる方に多く見られます。

 それ以外にも、仕事で手や腕をよく使う方、特に中高年の方に起こりやすい症状です。
症状が進行すると痛みが強くなり、それが原因で腕を動かさずにいると、四十肩、五十肩と呼ばれる病態に移行していくこともあります。

 治療はまず炎症を抑え、患部にかかる負担を軽くするために、スポーツを中断し、作業の量を減らし、安静を保つことが第一です。
その間に、上腕二頭筋の柔軟性を良くするために腕、肩周りのマッサージやストレッチを行い、経過を診ていきます。

 腕、肩の痛みや違和感にお困りの方は、大阪市北区同心町にあります同心整骨院に一度ご来院ください。



 


                                                                         

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2018年1月14日 日曜日

痛風について

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、寝違いやぎっくり腰など、いろいろな痛みの治療をおこなっている整骨院です。

 長く整骨院で施術をおこなっていると、足を怪我したり、ぶつけたわけでもないのに、ある日突然赤く腫れ、激しい痛みのため歩くことができない方が来院されることがあります。
そのような方のなかに痛風を患ってられることがあります。

 痛風とは肉や魚卵、ビールなどに多く含まれるプリン体の過剰摂取により尿酸が多く生産され、血液中に増えて体の中にたまった結果、左右どちらかの足の親指の付け根に炎症を起こすことをいいます。
 約9割以上、中高年の男性に発症し、暴飲暴食や激しい運動をした後の夜中から明け方に痛くなることが多いといわれています。

 対処法としてまずは、内科の受診をお勧めしています。
激しい痛みがある間は、鎮痛剤などお薬を服用します。

 また日常の食生活として、プリン体が少ない野菜・海藻類を多く摂取したり、尿酸の排泄を促すため水分を多くとる様にし、尿酸値を抑えることが大切です。
さらに尿酸値の排出を促進するために、日ごろから有酸素運動であるジョギングや体操、水泳などの運動を取り入れていくことが重要です。

 もし足の親指の付け根に痛みのある方がいらっしゃったら、大阪市北区にあります同心整骨院に一度ご来院ください。





 

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14