同心整骨院コラム

2020年7月25日 土曜日

肩こり、猫背で起こる過外転症候群とは?

 過外転症候群とは、小胸筋(しょうきょうきん)の下で神経や血管などが圧迫されることによって、手足のしびれや痛み、冷えなどを引き起こす症状のことを言います。

 過外転症候群の他にも、斜角筋症候群、肋鎖症候群など、神経の圧迫を受ける部位によって呼び方が変わります。
それを総称して「胸郭出口症候群」と言います。



 バスのつり革につかまった時や重いものを持ち上げた時に、神経の圧迫に伴って腕の痛みやしびれが起こります。
こうした症状が起こりやすいのは20代~30代の女性に多く見られます。

 あるいは、運動をほとんどしない人、筋肉が付きすぎている人、長時間同じ姿勢をとる方などが多いです。



 大阪市北区にあります同心整骨院の治療としましては障害部位である小胸筋をはじめ、痛みの出ている部位をマッサージ及び鍼治療を行ない緊張をとっていきます。
体質や希望に応じてパルスによる通電も試みることもあります。

 痛めている小胸筋や負担のかかっている肩甲骨周りの筋肉をほぐすことで肩の動きや症状が改善する可能性が高いです。
肩の痛みやしびれでお困りの方は是非一度同心整骨院にご相談下さい。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2020年7月15日 水曜日

肩こりだと思っていると頚椎症性神経根症でした

 頚椎症性神経根症とは、頚椎の椎間板の突出や骨棘(骨の出っ張り)が形成されることによって、脊髄から上肢に分岐する神経根が障害を受ける病気です。

 主な原因は加齢ですが首・肩・手指にかけてのしびれ、脱力感があらわれることがあります。首を後ろに反らすと症状が強くなるのが特徴です。



 障害されやすい神経根は、第5-6頚椎間から分岐する第6頚神経、第6-7頚椎間から分岐する第7頚神経です。

 第6頚神経が障害されると上腕二頭筋・腕橈骨筋に筋力低下、母指に感覚障害、肩甲上部・上腕外側に疼痛が生じやすいです。第7頚神経が障害されると上腕三頭筋に筋力低下、中指には感覚障害、肩甲上部・上肢後側に疼痛が生じやすいです。

 治療はとしては、基本的には自然治癒する疾患ですが、痛みが強い時などは鎮痛剤の内服なども行われます。
数週間から数か月で症状の改善がみられると言われています。

 しかし、筋力低下や筋委縮が著しい場合や治療してもなかなか良くならない痛み・しびれがあるような場合には、膨隆した椎間板や骨棘を切除して神経根への圧迫を解除するための手術が行われることもあります。



 鍼灸治療も神経根症状に効果があると言われています。
頚椎の神経根を狙って鍼を刺入することによって神経根を圧迫している筋肉を刺激し、緊張を和らげることによって症状の緩和が期待できます。

 症状の度合いによっても運動やマッサージなどで、代謝機能や身体機能の改善を行う治療法もあります。
頚椎の痛みでお困りの方は大阪市北区にあります同心整骨院にご相談ください。 

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2020年7月11日 土曜日

平日の保険診療終了後は自由診療を行っています

 大阪市北区にあります同心整骨院は平日(火曜、木曜、金曜)は23時まで自由診療を行っています。

 柔道整復師、鍼灸師の国家資格を持ったスタッフが23時まで営業しているということもあり、梅田や北新地方面からもご来院頂いております。
 また、Hot Pepper Beauty にも【同心整体院】として掲載しており高槻市や伊丹市、八尾市など遠方からも足を運んでいただいております。

 自由診療では、整体(マッサージ)や鍼灸、美容鍼、耳ツボダイエットの施術を行っております。


料金――――――――――――――――――――――                             
 整体        30分~    2,500円~
 鍼灸治療      1部位      1,500円~
 美容鍼       20本~    3,000円~
 耳ツボダイエット  1回       1,500円
 ―――――――――――――――――――――――


 23時までの営業は仕事が終わるのが遅く、なかなか疲れが癒せない方におススメとなっております。
 ご予約優先制で行なっておりますので施術を希望の方はお電話かhttps://beauty.hotpepper.jpでのご予約をお待ちしております。
 お身体にお悩みがある方は是非一度同心整骨院にご相談下さい。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2020年7月 9日 木曜日

変形性膝関節症とは?

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、変形性膝関節症の痛みに関する治療を積極的に行なっている整骨院です。

 変形性膝関節症とは、体重や加齢などの影響から膝の軟骨がすりへり、膝に強い痛みを生じるようになる病気です。女性に発生することが多く、加齢の他にも肥満・外傷なども変形性膝関節症の発症に関与していると考えられています。

 症状としては、膝を動かした時に生じる膝の痛みがあります。
初期の段階では立ち上がり、歩き始め等の動作開始時に痛みが出現し、休めば痛みがとれます。
症状が進行していくと正座や階段の昇降が困難となります。末期になると安静時にも痛みがとれず変形が目立ち、膝がピンと伸びずに歩行が困難となります。



 一度強く変形してしまうと治す方法は手術での治療になることが多いですが、早めの段階からストレッチや筋力トレーニングを行うことで変形を予防できる可能性が高いです。

 筋力トレーニングは主に太ももの筋肉を鍛えます。
ご自宅でも手軽にできるトレーニングとして腿上げ運動があります。椅子に座った状態や仰向きに寝た状態で足を少し上げて、膝が伸びた状態で5秒ほど止めます。



 原因が関節の変形ではなく膝の周りにつく筋肉が緊張してしまっても同じように膝が痛んでしまうこともあります。

 その場合はマッサージで膝まわりにつく筋肉をしっかりほぐして緊張をほぐしていくだけでも歩行時の痛みが緩和される可能性が高いです。他にも鍼灸治療も膝の痛みに良く効くとされています。

 変形性膝関節症など膝の痛みでお困りの方は是非一度大阪市北区にあります同心整骨院にご相談下さい。
変形が強く医師の診断を求める場合、提携している病院もご紹介できます。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

2020年7月 3日 金曜日

同心整骨院は産後の骨盤矯正が人気の治療院です。

 大阪市北区にあります同心整骨院は産後の骨盤矯正が人気の鍼灸整骨院です。
天満駅、扇町駅から徒歩5分と好立地なこともあり、現在も近隣の皆様に多数ご来院頂いております。

 産後の骨盤矯正はほとんどの方に必要な施術です。
妊娠中はホルモンの影響で骨が動きやすくなります。
そして出産時、このホルモンが一気に出ることで骨盤が開きます。
骨盤が開くことで赤ちゃんを傷つけることなく生まれてきてくれます。

 しかし、この後、開いた骨盤が勝手に元通りになることはありません。
骨盤はある程度は自然に閉まりますが、妊娠前と比べるとすごく開いている状態でいます。

 この骨盤が開いた状態で放置してしまうと、、、

 骨盤に付着している股関節も開いてきてしまいます。
すると、脚が太く、むくみやすくなります。
骨盤が開いてるためウエストやお尻が大きくなってしまいます。

 それだけでなく、骨盤が開くことで背骨と骨盤を繋ぐ仙腸関節というところのズレに繋がり、仙腸関節炎という腰痛の原因にもなり、さらには腹筋と骨盤底筋群が弱り、反り腰や尿漏れの原因にもなってしまいます。

 骨盤矯正を受ければ全て解決するわけではなく、筋肉も弱っているので矯正をしてもキープできず、元通りになってしまいます。

 同心整骨院では整えた良い状態の骨盤をキープできるようお家で出来る簡単なトレーニングを指導しています。
トレーニングをすることで骨盤も正しい位置に戻り、妊娠前のズボンが履けるようになったり、妊娠前よりサイズダウンすることも少なくありません。

 産後3ヶ月頃までは骨が動きやすくなるホルモンが出ているのでそれまでの間にご来院頂き、矯正を受けて頂けるとなお効果的です。

 矯正は産後1ヶ月から始められ、同心整体院の矯正はブロックを使ったバキバキしないソフトな矯正ですので安心して受けて頂けると思います!
週2回程度のペースで1ヶ月~2ヶ月程度ご来院いただく事で骨盤が締まり、見た目も症状もスッキリします。

 産前の身体、産前より良い状態の身体になりたい方は同心整骨院へお任せください。

投稿者 同心整骨院 | 記事URL

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14