同心整骨院コラム

2017年4月 1日 土曜日

足首の捻挫の治療について

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院には、スポーツや、歩いていてつまづいたなどで足首を痛めた方が多数来院されます。

 そのほとんどが、足首を内側にひねり、外側にある靭帯という組織を痛めて起こる捻挫です。

 症状は足首が熱を持って腫れ上がり、痛みで足をつくことができなくなります。
紫色に内出血を起こすこともあります。

 足首の捻挫の基本的な処置として、RICE処置というものがあります。
Rest=安静、 Icing=アイシング、 Compression=圧迫、 Elevation=挙上の頭文字で、捻挫などの外傷(ケガ)の際の基本となる処置です。
この処置をできるだけ素早く行えるかどうかが、その後の治療期間に大きく影響してきます。

 足首の捻挫で大切なのは、最初テーピングでしっかり固定し、その時点より悪化させないようにします。
ケガの程度にもよりますが、1~2週間ほど固定し、痛みがやわらいでくれば、テーピングの量や種類を軽めに調整していき、
リハビリに移行していきます。
最終的に痛みが無く正座ができれば、足首の治療はほぼ完了だといわれています。

 足首を捻挫してしまった方、または以前に捻挫をしたがまだ痛みが残っている方は、
一度大阪市北区同心町にあります同心整骨院にご相談下さい。
       

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14