同心整骨院コラム

2017年12月22日 金曜日

成長痛のシーバー病は大阪市北区の同心整骨院へ

 大阪市北区にあります同心整骨院は、成長痛の施術を行っている整骨院です。

 成長痛にはシーバー病というものがあります。
シーバー病とは別名、踵骨骨端症ともいい、10歳前後の男の子に多く発症し、かかとの腫れ、押すと痛みがでる圧痛、歩行時痛がおこります。
特に運動後に症状がでることが多く、かかとの痛みのためつま先歩きになることがあります。

 成長期の子供のかかとの骨の先は成長軟骨(柔らかい骨)で出来ているため「走る・ジャンプする・踏ん張る」といった衝撃や圧力によって、ふくらはぎの筋肉や足の裏の筋肉がかかとの柔らかい骨を引っ張り続け炎症が起こります。

 シーバー病はかかとに起こる成長痛のことですが、それ以外に同時期に膝に起こる成長痛のことをオスグッドというものもよく知られています。

 成長痛の対処法は安静にすることが第一です。
そしてふくらはぎの筋肉と足の裏の筋肉をマッサージしたりストレッチすることで柔軟性を確保することが大切です。

 また再発することが多い疾患ですので、衝撃を緩和させるインソールやかかと部分のクッション性を高めるヒールパットなどを活用して再発予防に努めることもあります。

 成長痛で痛みをお持ちのお子様がおられる方は、大阪市北区同心町にあります同心整骨院に一度ご相談下さい。



 

 



投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14