同心整骨院コラム

2018年3月 7日 水曜日

膝のケガ、内側側副靭帯(MCL)損傷とは

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、膝の治療を得意とした整骨院です。
 
 膝の怪我の中で膝の内側を痛める内側側副靭帯損傷というものがあります。
 
 内側側副靭帯損傷は、膝の怪我の中で最も多く起こります。
 内側側副靭帯とは膝関節の内側にあり、膝が内側に行き過ぎないように制御してくれる靭帯のことです。
 
 原因として、スポーツ中の接触などで膝の外側から内側に力がかかり、内側の靭帯が伸ばされるようになって痛めてしまいます。

 内側側副靭帯の損傷は、靭帯の治癒力が高く、治療やリハビリを行えば良くなるため、手術なしで治療することが多いです。
最初は患部の腫れや炎症を抑える目的でアイシングをしたり安静にします。
 しばらくしたら、電気療法、マッサージ、ストレッチ可動域改善や筋力トレーニングを行っていきます。
 ただ前十字靭帯や内側半月板の損傷を伴う場合は手術の適応となることがあります。

 膝の関節を怪我された時は、大阪市北区同心町にあります同心整骨院に一度ご来院ください。








投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14