同心整骨院コラム

2020年5月31日 日曜日

脊柱管狭窄症とはどんな病気?

 大阪市北区同心町にあります同心整骨院は、腰部脊柱管狭窄症の治療を行なっている鍼灸整骨院です。

脊柱管(せきちゅうかん)とは、背骨の中を通る脊髄にある神経の通る管のことを言います。
脊柱管狭窄症とは、この脊柱管を構成する骨や靭帯が分厚くなり、椎間板の突出などで脊柱管が圧迫を受けて狭くなる病気のことを言います。

 脊柱管を構成する背骨や靭帯、椎間板の加齢変化によって狭くなるほか、背骨のズレ(すべり症)や椎間板ヘルニアなどでも脊柱管が圧迫されれば、狭窄症と呼ばれます。
医学的には馬尾(ばび)型・神経根型・混合型の3つに分類されます。



 主な症状は、歩行時や立っているときにおしりから下肢にかけての痛みやしびれです。
間欠性跛行(かんけつせいはこう)と言って、歩くと徐々に症状が悪化し、休むと和らぐことが多く見られます。
また、前かがみになる姿勢をとると症状が和らぐのも特徴的です。




 治療としましては手術やブロック注射などがあります。
 痛みが強くて動けず、筋力低下により歩行困難が見られるようなら手術治療の方が効果的かもしれません。

   そこまでではない場合、腰回りやお尻回りのストレッチやマッサージを行い緊張や血流を改善することで症状が緩和する可能性もあります。狭窄症でお悩みの方はぜひ一度同心整骨院にご相談下さい。
 
 ご自宅でも出来るストレッチの一部を抜粋して掲載しておきますので、是非ご活用下さい。



投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14