同心整骨院コラム

2020年10月16日 金曜日

リウマチとは違う!ヘバーデン結節

 指の第一関節が変形し曲がってしまう原因不明の疾患をヘバーデン結節といいます。
第1関節の背中の中央の伸筋腱付着部を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。

 特徴的なのは示指(人差し指)から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。
痛みも伴うこともあり、動きも悪くなります。第1関節の近くに水膨れのような透き通ったでっぱりできることもあります。



 原因は不明です。一般に40歳代以降の女性に多く発症します。
手をよく使う人にはなりやすい傾向があります。遺伝性は証明されていませんが、母や祖母がヘバーデン結節になっている人は体質が似ていることを考慮して、指先に負担をかけないように注意する必要があります。

 保存的療法としては、局所の安静(固定も含む)や投薬、局所のテーピングなどがあります。
急性期では、少量の関節ステロイド注射なども有効です。

 保存的療法で痛みが改善しないときや変形がひどくなり日常生活に支障をきたす場合は、手術を考慮します。

 予防としましては、第1関節が痛む時は安静にしましょう。

 大阪市北区にあります同心整骨院では、提携している病院もご紹介できますので気軽にご相談下さい。



投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14