同心整骨院コラム

2021年3月24日 水曜日

変形性腰椎症とは?

 椎間板は様々な力を受け、加齢とともに徐々に退行変性(劣化)していきます。椎間板が変性すると徐々にその弾力性が失われていき、クッションとしての役目を果たせなくなっていきます。

 その他にも重労働や激しいスポーツ、同じ姿勢での作業なども原因となりやすいです。

 椎体が刺激を受けることで、骨棘(骨組織が増殖し、棘状になったもの)が形成されます。
ただし、骨棘の形成自体は、年齢を重ねる中でほぼすべての人に見られる現象であり、生理的な変化です。

 腰椎の内部には、脊柱管と呼ばれる空間が形成されています。神経の幹である脊髄はここの空間を通り、腰のあたりでは馬尾神経(ばびしんけい)と呼ばれる神経構造が形成されます。
変形性腰椎症になると、腰椎や椎間板が変化し、骨棘が形成されていきます。



 この結果、脊柱管に存在する神経が圧迫されることがあります。
神経が圧迫されると様々な神経症状が現れるようになり、腰部脊柱管狭窄症といった病気の原因となります。

 症状としては、腰痛・腰回りの重さ・だるさや張りなどが現れることもありますが、それ以上に足にしびれや痛みを伴うことが多いです。足の症状は坐骨神経の通り道に沿って出てきます。
脊柱管の圧迫の部位や程度により太ももやふくらはぎ、足の裏にもしびれや痛みが出ることもあります。

 変形性腰椎症はレントゲン撮影することによって骨棘形成の変化が確認することができます。

 治療としましては、症状を引き起こしていない限り治療介入することはありません。
ですが、痛みやしびれを起こし腰部脊柱管狭窄症を引き起こすことがあります。



 その場合はブロック注射や牽引療法や運動療法などを行うことで痛みを改善していきます。

 大阪市北区にあります同心整骨院での治療はマッサージやストレッチを行い、血行を良くしや筋肉の緊張を改善して、必要とする場合は筋力トレーニングの指導も行っております。鍼灸治療も神経症状には効果的です。

 変形性腰椎症でお困りの方は是非一度同心整骨院にご相談下さい。

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14