同心整骨院コラム

2021年3月 8日 月曜日

腕まで痺れる頚椎症性神経根症とは?

 頚椎症性神経根症とは、頚椎の椎間板の突出や骨棘(骨の出っ張り)が作られることによって脊髄から上肢に分岐する神経根が障害される病気です。



 主な原因は加齢が多く、中年から高齢の方で肩から腕に痛みが生じます。
腕や手の痛み・しびれ・筋力低下が生じ、上を見ることやうがいをすること動作で症状が強くなるのが特徴です。

 しびれも頚椎症性脊髄症と違ってどちらか片側に出るという特徴もあります。

 頚椎症性神経根症の治療は程度によりますが、基本的には自然治癒する疾患です。
症状が出にくいように後ろへ反らすのは極力避け、適切な方向への牽引治療や症状が強い時は消炎鎮痛薬の投薬なども行われます。



 大阪市北区にあります同心整骨院で行なえる治療としましては、牽引治療の他に頸部や肩に対してマッサージを行います。

 マッサージを行うことによって緊張している筋肉をほぐし、神経や血管の圧迫を解消して症状の緩和に努めます。
その他にも、鍼灸治療も適していますので症状に応じてそちらの治療も行わせていただけます。

 提携している整形外科もご紹介できますので、頚椎症性神経根症でお困りの方は是非一度同心整骨院にご相談下さい。

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14