同心整骨院コラム

2021年7月 5日 月曜日

後縦靭帯骨化症(OPLL)とはどんな病気?

 後縦靭帯骨化症(以下OPLL)とは背骨の椎体の後ろを支える後縦靭帯が骨に代わってしまう病気です。
骨化の多くは頸椎(首の背骨)に起こりますが胸椎や腰椎にも生じます。



 後縦靭帯が骨化することで脊柱管と呼ばれる神経が通る道が圧迫され頸部痛や上肢のしびれを引き起こします。
また、進行すると下肢のしびれや上肢、下肢の筋力低下、さらには深部腱反射や病的反射も出現し、痙性麻痺を引き起こします。
簡単に説明しますと、放っておくと手足が不自由になるということです。

 OPLLは日本人に多く100人あたりに2~3人かかるといわれており、女性より男性に多いのが特徴です。
原因は今のところ不明で、糖尿病の方やOPLLに罹患された方の兄弟の方がかかりやすいといわれております。

 診断はレントゲンもしくはCTで可能です。
神経の圧迫の程度はMRIで分かります。

 治療としては局所の安静を図るべく、頸椎に装具をつけたり消炎目的で薬などを使用します。
それでも症状が改善しない方は脊柱管の隙間を広げる手術や骨化した後縦靭帯を取り除く手術を行います。



 大阪市北区にあります同心整骨院では可動域が狭くなった首~肩甲骨にかけてしっかりマッサージすることで症状の緩和を図ります。
首コリ、肩コリでお悩みの方もしっかりと施術できます。
首肩の辛さでお困りの方はぜひ一度ご来院ください。提携している整形外科もご紹介できます。

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14