同心整骨院コラム

2021年7月 6日 火曜日

スポーツなどでよく起こる肩関節脱臼とは

 肩関節脱臼は若年者に多く見られ、女性より男性に多いのが特徴的です。
多くはラグビーなどのコンタクトスポーツ中に発生しますが日常でも起こる場合があります。

 それは転倒して身体より後ろに手を衝いた際に起こりやすいです。

 肩関節は上腕骨の骨頭(関節のボール側)と肩甲骨の関節窩(関節の受け皿側)で構成されています。
関節窩に対して骨頭が大きいため筋肉や靭帯で補強することで関節の逸脱を防いでいます。



 しかし、筋肉や靭帯で支えられる強度を超える外力が発生すると関節が脱臼します。
脱臼が発生すると肩関節を保護していた筋肉、靭帯が損傷します。
肩関節は前方に外れることが多いので前方にある組織が損傷を起こしやすいです。

 肩関節前方脱臼の症状は肩関節部の痛み、腫れがあり腕を30度ほど挙げ、手がお腹に近づく様な位置で弾発性固定されます。
弾発性固定は脱臼の特徴的な症状で、固定された所から腋を閉じようと他動的に動かしてみても固定された位置に戻ることを言います。

 スノーボードや日常での転倒時に肩関節や上腕に激しい痛みがある場合には迷わず病院もしくは整骨院などの医療機関にかかるようにしましょう。
肩関節脱臼を一度発症すると癖になる場合が多く、ひどい方は寝返りやくしゃみをしただけで肩が抜けるようになるので、リハビリや手術などの治療が必要です。

 また、肩が脱臼しにくくなっても不安定な関節を守るため肩甲骨の可動域が悪くなったり、肩の筋肉が過緊張を起こし、慢性的な肩こりに悩まされる方が大多数いらっしゃいます。
まずは脱臼をしてしっかりとリハビリをすることが大事ですが何年も前で全くしていない方は脱臼が一つの原因で肩こりを起こしている可能性があります。



 大阪市北区にあります同心整骨院では過緊張を起こした筋肉を緩め、弱化した筋肉を強化、リハビリすることで慢性化した症状を緩和させることができます。
また、当院では柔道整復師といった骨折や脱臼の怪我治療の国家資格を持ったスタッフが施術を行ないますので安心して受けていただけると思います。

 脱臼、肩こりなどでお困りの方はぜひ一度お越し下さい。

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14