同心整骨院コラム

2021年8月10日 火曜日

突き指からの変形はマレットフィンガーという病態があります

 マレットフィンガーは突き指の際に起きる指の変形で、指の第1関節が木槌のように曲がった状態になります。
指の第一関節が屈曲方向(曲がる方向)に強い外力が加わることで基節骨の骨折、伸筋腱の断裂により指の変形が起こります。

 原因は突き指の一種で、ボールなどが指先に当たったときなどに起こります。
病態として2つのタイプがあります。

 ひとつは指を伸ばす伸筋腱が切れたために生じるもので、腱性のマレットフィンガーといいます。

 もう一つは、第一関節の関節内の骨折が生じ、伸筋腱がついている骨が関節内骨折を起こしてずれた状態になったもので、骨性マレットフィンガーと言います。



 通常はアルミ副士などで6~8週固定すれば変形は残りませんが、突き指と思い放置すると永続的な変形となります。
突き指程度で病院には行きたくないと思う方も多いとは思いますが、2,3日痛みが引かなければ病院受診するようにしましょう。



 大阪市北区にあります同心整骨院では突き指、ばね指、マレットフィンガーなどの指のけがのリハビリが行えます。
指が動きづらい方は是非一度ご来院ください。

投稿者 同心整骨院

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着情報

一覧を見る

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14