同心整骨院コラム

2022年11月15日 火曜日

二日酔いはどうして起こるの?

こんにちは!
今回は二日酔いに関してブログを書いていこうと思います!

お酒が好きな方からあまり飲めない方にも起こりうる二日酔い、
お酒を飲み過ぎた翌日に起こる吐き気や胸やけ、頭痛などの不快な症状のことをいいます。

二日酔いはアルコールが分解されてできた「アセトアルデヒド」という物質が、
肝臓で十分に処理されないことで起こります。

僕たちがお酒を飲むことで体内に入ったアルコールは、胃で約20%、小腸で約80%が吸収されます。
そのあと、血液の中に入って体中をめぐりますが、脳に到達すると、アルコールが脳の神経細胞を麻痺させます。
その状態が「酔った」状態なのです。

アルコールの血中濃度によって、酔いの状態は6段階に分けられますが、実際には飲んだ酒量と酔いの状態には個人差が大きいと言えます。

アルコールは肝臓で代謝されます。
肝臓に入るとまず、酵素などの働きで、アセトアルデヒドに分解され、さらにアセテート(酢酸)に分解されます。
アセテートは血液にのって全身を回りながら、筋肉や脂肪組織で水と二酸化炭素に分解され、吐く息や汗、尿として身体の外に排出されます。

アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドは、タバコの煙などにも含まれる有害な物質となっています。
このアセトアルデヒドには、吐き気や動機、頭痛などを引き起こす働きがあり、これが二日酔いの原因となります。

お酒をたくさん飲み過ぎると、肝臓がアセトアルデヒドを十分に分解できず、血中のアセトアルデヒドの濃度が高くなるため、
その毒性によって胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛などの症状が現れます。

また、アルコールの刺激で胃が荒れ、機能が低下することや、脱水症状になることなども二日酔いの不快な症状を引き起こす要因となります。


投稿者 同心整骨院

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着情報

一覧を見る

2021/12/29

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。

2020/12/21

年末年始の休診日のお知らせ
12月30日の午後診療~1月4日まで休診と致します。
宜しくお願い致します。
※30日午前中は診療致します。

2014/04/02

新着情報が入ります。

アクセス



〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
2丁目3-14